福祉車両のリースのメリットとは

バナー

福祉車両のリースのメリットとは

福祉車両とは特殊車両のひとつであり、見た目は普通の車両ではあるものの体の不自由な人や車椅子の人が乗り降りしやすいような機能が搭載されているものを指します。そのため助手席が下がって乗りやすいようになっていたり、後部座席に車椅子がそのまま乗れるようになっていることが多くなっているため、介護をしている人にとっては利便性の高い車であるといわれています。

最新のAll Aboutを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

そんな福祉車両は購入するとなると高額ですし、多くの介護施設や一般家庭ではリースもしくはレンタルで利用しています。



そして介護施設の多くはリース契約で福祉車両を利用していることが多くなっており、自社で福祉車両を有しているというところもありますがほとんどの場合はリース契約となっているといわれています。

では福祉車両をリース契約することのメリットとは何かというところですが、長期間契約して利用することができるようになっているので介護施設にとってはレンタルサービスよりも使いやすくなっていますし、レンタルするよりもコストがかからないというところがあります。


では購入する場合はというとそちらもやはりコストがかかりますし、メンテナンスなどのサービスもオプションとして利用することができるので自社購入よりもコストがかからないというメリットがあります。

福祉車両のリースの人気度が上昇しています。

そしてリース契約などは経費として計上することができるというところも大きなメリットとなっているので、常に車が必要になってくる介護サービスにとっては必須のサービスとなっています。